30代後半での就職・転職活動

job,リクルート,雇用,転職 スマートフォン

job,リクルート,雇用,転職

30代後半での就職・転職活動

30代後半での就職・転職活動 僕がやってみる転職方法を紹介します。

転職を考えている人、就職・転職活動をしている人、大変だけれどあきらめないで!

30代後半からでもなんとかなると考えている僕!!

高給取りにはなれないかもしれないけど家族を守ることは出来るはず。

スポンサーリンク

現在

前にもお話いましたが、僕 KANANORIは、就職・転職活動中です。妻と、子供2人を抱え業務委託として働いておりますが、契約更新の話し合いの際 あまりにも悪い条件を提示されました。

僕の働きについてはとても高く評価して頂いてますし、これからもお願いしたいとも言われました。ただ会社の状況が大変な様で更新条件が・・・それも十分に分かっているので仕方ないのかなと思っています。

しかし、上記にも書いた通り 妻と、子供2人 家族4人で生活できる金額ではありません。個人事業主は税金や保険の負担が大きく大変なのです!!独身であれば・・・なんて言い訳しても意味がないんです、そんなことを言ったら超カッコ悪いですよね。

それなので、安定を求め!いざ!!就職・転職活動を開始です。

転職・就職活動

1.ハローワーク

転職活動でまずやることは、皆さんが誰でも知っているハローワーク(職業安定所)での登録です。ハローワークに行くと登録用紙が置いてあるので住所やどんな仕事に就きたいのか、職歴等をザックリ書いて提出すればOK あとは職員の方が丁寧に教えてくれます。応募したい企業や会社が決まっているのであれば紹介状を出してもらいます。

ここで僕が、ぶち当たった壁が2つあります。

1-1.年齢制限

年齢制限です。実際 性別や年齢での制限はいけませんよ!となっておりますが正当な理由があれば制限をしても大丈夫なようで30代後半になると現状なかなか思ったような仕事が見つかりません。

1-2.書類選考

コレがなかなか厄介で、書類選考になると面接までたどり着けないことが多いです。悩んでいたところ職員の方に教えて頂いたことがあります。履歴書もそうなのですが職務経歴書の書き方が肝心なようで、会社がどのような人材を欲しがっているのかを考えて自分が「その人材ですよ」とPRするよう書かないとダメですよと教えて頂きました。もし経験のない業種でも『言い回し1つで受け取り方が違うようです』ので頑張ってみようと思っています。

2.サイトやアプリを使う

きっとこの方法で探している方が一番多いと思います。僕が今入れているアプリはバイトル・イーアイデム・ハローワークです。タウンワークも前は入れていたのですが検索の際、正社員の項目がなくなっていて探しにくくなってしまった為、削除しました。ただサイトでは正社員の項目があったのでPC等で調べています。

3.友達や家族・親戚の紹介

僕の中ではこれが1番だと思っています。皆さんもそうだと思いますが、どんな仕事でも一生懸命やるつもりで探していますから友達や家族・親戚に迷惑をかけるつもりは一切ありません。という気持ちでいると思います。

お願いするのを躊躇してしまうと思いますが生活がかかっていますので恥ずかしいとかは捨てましょう。

紹介してもらえたら、会社に入ってから、すぐ辞めてしまうのが一番迷惑が掛かるので面接の際はシッカリと話を聞いて決めましょうね。

まとめ

転職を考えている方、就職・転職活動をしている方、少しは参考になりましたでしょうか?

30代後半!これが最後の就職だと思い一生懸命活動します。活動状況をまたお伝えします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました